『オレンジの大人味アップサイドダウン・ケーキ』と今週の予定



チョコレートの季節ですがB&W Tearoomでは特にヴァレンタイン・ディ感は出しておりません。とはいえ、現在Tommyさんの美味しい『ギネスチョコレート・ケーキ』、土曜日にはガトーショコラも出ます。

というわけでわたしはいつも通りの素朴な焼き菓子専門。
『アップサイドダウン・ケーキ』
とは、型の底に果物などを敷き詰めてその上に生地をかぶせ焼きます。
一晩冷やして整えたら、ひっくり返してお出しするもののことを言います。

オレンジは少しラム、コアントローを使って煮ていますので、ちょっとほろ苦くて大人のお味です〜
チョコレートを食べたあとはチョコと相性の良いオレンジで口の中をサッパリ。
そうよ、うまく行こうが行くまいが、大人の恋はサッパリと行きましょう〜!!(意味不明)

<今週の予定>
14日(水)レディ石澤の喫茶室営業中!
15日(木)通常通り松本が営業しております
16日(金)通常通り
17日(土)通常通り
18日(日)紅茶ボーイズが営業しております



ケーキのラインナップ
*ジンジャーブレッド
*ギネスチョコレート・ケーキ
*スティッキートフィー・プディング(残りわずか)
*オレンジのアップサイドダウン・ケーキ

*クランペット

今週はスコーンはございません。また来週


スポンサーサイト

グラニースミスのタルトタタンもどき


きょうから3日間ティールームは通常営業しております。

グラニースミス(英国の青リンゴ)がまた手に入ったのでリンゴのケーキを何か作ろうと思いました。グラニースミスはブラムリーと同じように料理用リンゴなので(グラニースミスはそのまま食べても美味しいです!)、熱を加えるとあっという間にトロトロになってしまいます。
 そのまま食べても美味しいリンゴなので、大きいままケーキにしたいな〜と思い、思いついたのがフランスの伝統菓子「タルト・タタン」。ゴロゴロと大きく切ってバターと砂糖でキャラメル色になるまで炒めて、型の底90%を埋め尽くし、あとはタルトをかぶせて焼きひっくり返して供します。

 今回作ってみると、グラニースミスはキャラメル色になるまで炒めていたらピューレになってしまうと判断。ピューレになる一歩手前で型に入れてしまうことにしたので、色は白いままです。皮も少しつけたままにしたのでグリーンが少し見えています。そしてタルトはやめて、バターケーキの生地を流し込みました。一晩冷蔵庫で冷やして固め、今朝ひっくり返して出来上がりです。リンゴはしっとり。リンゴを下にして焼くので、バターケーキの底はリンゴ汁が染みてなくてカリッとなり、タルトっぽいんです!

 冷やしてお出しします。美味しいです。

さて、きょうは隔週で来て英国菓子を焼いてくれるTommyさんのケーキが1つか2つできているハズ!
先々週ほっぺ落ちそうで大人気だったスティッキー・トフィー・プディングも作ってくれることになっていますので、食べ損ねた方、きょうとあしたは確実ですぞ♪(´ε` )

ではでは〜

柳模様はどこにある・・・今週のスケジュール



 18世紀末にすでに英国で作られていたブルーウィローの陶磁器模様。ウィローパターンと言われているこの模様は、誰でも一度は目にしていることと思います。わたしにこの模様のことを語らせたらエラいことになりますので、ここではやめておきますね。

 わたしはコレクターではありませんが、いつのまにか食器棚にはさまざまな柳模様の食器が増えていきました。その中にはいただきものもたくさんあり、そのほとんどは「おばあちゃんの家にあった」「実家にまだある」といった物のおさがりで、これらは日本製。日本製だから湯のみもあるし、お茶碗もあります。
 これはこれで楽しいですが、やはり紅茶LOVEのわたしはカップ&ソーサー命!であります。気に入ったもの数個は自宅で使っております。葡萄屋ギャラリー喫茶室「The Budoh&Willow Tearoom」の食器類はすべてわたしの私物で、たくさんの物を食器棚から引っ張り出して持っていってますが、ウィローパターンのカップ&ソーサーだけは持っていってないんです。

 ただ、お皿類は少しづつ持っていってます。ほとんどが日本製ですが、スコーンにもケーキにもクランペットにもなんでも合うので重宝しております!これに合わせるカップ&ソーサーには色がついてない方が良いですね。ウェッジウッドのクリームウエアのシンプルな物が一番良いかもしれません。

 もう一つ、カウンターの上に一番気に入っているポットが置かれています。これはたまに人数が多い時に登場!

 きのうFBにはアップしましたが、『TeaTime』vol.2の中の雑貨店FALL店主の三品さんのエッセイでわたしの銅版画作品の「柳ホテル」シリーズのことが、わたしより端的にかつ、素敵な文章で書かれていたので驚いてしまいました!嬉しいし、17年もライフワークとして描き続けているのでありがたい〜

 雑誌はネットで購入できますので、ぜひお読みくださいませ。ティールームにも持参しますね。そのほかにもわたしがずっと通っている紅茶教室の先生による陶磁器の話など充実の記事がそろっています!(1より断然良くなってます〜)
27540354_1698437860179162_7758845498991764646_n.jpg

さて、今週の予定です

8日(木)ギャラリー休廊日のためティールームもお休みです
9日(金)ギャラリーは設営中。ティールームは営業しております。英国菓子のTommyさんがケーキを2つ作りにくる     日ですので夕方には美味しいものが・・・・!!
10日(土)通常通り営業中
11日(日)通常通り営業中


きょうはテーブルウエア・フェスティバルへGO!

とろ〜り暖かスティッキートフィー・プディングで身も心もあったかい!



今朝も東京はグリーンランド並み(行ったことはない)の寒さですね。昨日K野名人はスコーンたくさんと『スティッキー・トフィー・プディング』を作ってくれました。

 英国人が一番好きなプディングと言われているこのプディング(日本でいうプリンではないっすよ)は、デーツ、ブラウンシュガーなどが入っていてこってり濃厚です。
 そこにトフィーソース(キャラメルですね)をトロ〜〜っとかけていただきます。温めて食べます。
スポンジじゃ程よくフワッとしていて、しつこくないのですが、そこに甘いトフィーがかかって最高に美味しい!スティッキー=べたべた。たまりません。これにスコーンにお付けしているクリームをのせてみましたらば、それはもう〜〜
ほっぺた落ちてブラジルまで行きました!

きょうとあしたは十分ございますので、みなさまぜひ英国的ティータイムを過ごしにお越しくださいませ。濃いミルクティーが合いそうですね。

現在濃〜〜いミルクティー用にCTC(ころころ丸くて小さい茶葉)がいくつか。
ルフナ
ディンブラ
キャンディ
アッサム
があります。




きょうはティールームを使って6時半より”占星学の岡本翔子さんによる『月星座』の講座”がございますので、6時20分頃でティールームは終了にさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

クリームティーはいつやるの?


 「英国式ティールーム」とうたっている当ティールーム。英国風紳士や紅茶好き女子に「スコーンは出さないの?」「クリームティーしないのかね?」などここ数ヶ月言われ続けておりましたが、ようやく準備が整いました〜

ところで「クリームティー」というのは、スコーンとミルクティーのセットのことを言います。アフタヌーン・ティー、ハイ・ティー、と並ぶ喫茶習慣の一つです。

 何が問題だったかというと、わたくし一人でなにもかも無理〜〜!というのが本当のところですが、ほかにもクリームをクロテッドクリームにするか、違うものにするか(クロテッドクリームじゃない方が好きというお客様も結構いることがわかりました)など、数ヶ月リサーチしておりました。

 クロテッドクリームじゃなきゃ意味ない!というお方もいますが、スコーン発祥の地スコットランドではバターをつけます。好きなものをつければ良いと思います。ジャムとクリームの順番もデボンシャーではこう、とかあちらではこう、とかいろいろあります。これもお好きにすれば良いと思います。

 狼の口、というスコーンの真ん中くらいにある割れ目の部分から手でサクッと割るのが普通です。ナイフで割らない。と習うのですが、知り合いの英国人にそれを言ったら「え〜〜!?ぼくはナイフで割るよ」と言ってました。スコーンは神聖な「石」が元になっているから刃物をいれるなんてことはいけません!とも言われています(スコットランドの歴史を参考にしてね)が、どうやらこれも今となってはいろいろのようですよん

 で、本題。わたくし一人ですべてのフードを作るのには限界が(本業があるもんで´д` ;)あるので、お菓子を作ってくれる名人に頼むことにいたしました。K野さんは、偶然ですがわたしが一番おいしいと思うレシピを作っている料理教室の方でした!そんなわけで、スコーンもすばらしく美味しかったです。先週即お客様にご提供できたのですが、「今まで食べた中で一番おいしい!」と言っていただけたので自信アリ!(わたくしクリームしか作ってませんけどね)

 IMG_0089.jpg
「クリームティー」はいつあるの?のご質問ですが、まだ毎日ちゃんとあるかどうかわかりません。今日はK野名人が来る日なので、多分3時すぎくらいからあると思います。(確約できず´д` ;)
先週はグッドタイミングで来た英国好き常連のお客様がこんな風に注文!
ワ〜オ!
IMG_0092.jpg

グラニースミス(英国の青リンゴ)のケーキとスコーンの盛り盛りセット!そしてルフナのCTCの茶葉でミルクティー、という完璧な英国の喫茶タイムを楽しんでおられましたよ〜

K野名人はスコーンのほかにケーキも1種類作ってくださることになっているので、そちらもお楽しみに〜