Tea Tea Tea  <今週のスケジュール>


先週はわたくし松本は本業の銅版画の個展があり、ティールームとギャラリー行ったり来たりでありました。銅版画のお客様にも最近わたくしが紅茶屋を開いていることが認知されて(しつこく言いまくっているから(≧∇≦))きておりますので、ギャラリーで変わったお茶をいただくことが多いんですよ。

 写真のは、手前から台湾土産のプーアル茶(四角いキャラメルみたいなパッケージがかわいいです!)、左の黄色いのはインドネシア土産の顆粒のレモンティー(飲むのが楽しみ)、その後ろと右側のはレモンバーベナ(最近二人の方にいただきました。これだけで飲むというよりは、紅茶をベースにまたは緑茶をベースにしたりするのだと思います)で、両方ともご家庭で栽培されているものでした。その後ろの缶は京都の有名なお茶店のほうじ茶。

 いろんなお茶があって楽しいです。

IMG_0120.jpg

 
お茶だけではなくシードルも個展のお祝いにいただきました。
個展が終わったあとは数日弛緩状態が続きます。そんな時は新しいレシピのケーキを焼いちゃいましょう〜!

「そうだ!サイダーケーキ焼こう!」となるのは当然ですね!

サルタナレーズンとオレンジピールがあったので、これをシードルで漬け込んで焼きました。
シードルはサイダーのフランス語読みです。サイダーは英国ではアルコール飲料です。リンゴ酒です。ケーキの中に入れるとほとんどアルコールは飛んでますが、ドライフルーツに染み込んでいてシットリとし、リンゴが香り美味しいです。

ちなみにサイダーは、ウェールズと隣り合わせにあるヘレフォードシャーというところが有名です。サイダーケーキは、発酵しすぎたサイダーを使って作り始めたお菓子だそうです。
数日置いておいた方が美味しいそうなので、ベストは土曜日かも〜〜


<今週のスケジュール>
24日(水)レディ石澤の喫茶室
25日(木)〜28(日)松本のティールーム

ケーキは毎日あります。
ジンジャーブレッド(くるみ入りタイプ)
グラニースミスのケーキ(英国の青リンゴを少しフランベしました)
サイダーケーキ

また金曜日にスコーン名人が来るので、週末はクリームティーをお出しできると思います。
これがもう、最高に美味しいのよ〜〜〜

ではでは、みなさま寒い毎日お茶を飲んで温まってくださいませね♪(´ε` )
スポンサーサイト

2ポット方式?or 茶葉入りポット?


きょう10日(金)と12日(日)は松本ティールームです。
11日(土)は都合によりM氏のコーヒー店になります〜m(_ _)m

 さて、当喫茶室では、『2ポット方式』で紅茶をお出ししております。
「ミルクティーにいたしますか?ストレートにいたしますか?」とお聞きして、お好みに合わせて蒸らし時間を決め、ベストの状態でジャンピングポットから2つ目のポットに移し替えますので、2杯目も同じ濃さで飲めます。

 でも、ストレートでもミルクでも飲みたい〜と思うことはありますよね。わたしもそう思う時はあります。たとえば、ダージリンではストレート以外わたしは考えられないので、2ポット方式が良いと思っていますが、(茶葉の状態にもよりますが)ウヴァやキームンやディンブラ、、アッサム、、、などは蒸らし時間を短くしてストレートでまず飲んでみたいかも〜、そして少し長く蒸らしておいてミルクたっぷり入れて飲んでみたいかも〜、と思うことはしばしば。

 今までに3名の方がそうやって飲みたいのだけど・・・・と声をかけてくださいました。お気軽にどうぞ!

そういった場合は写真のようなセットでお出ししてます!
砂時計とストレーナーをつけてます。Hot water jugお持ちしますので、濃くなってしまったカップの紅茶もこのお湯を注いで(あくまでもカップに注ぎます)また蘇ります〜〜とはいえ、最初の美味しさとは違うけど。

いろいろな飲み方があるので、お好きな飲み方でどうぞ!堅苦しいことは何もありません。
わからないことや、今どのお茶がおすすめかなど、なんなりとお聞きくださいね〜

<きょうのお菓子ラインナップ>
◯ゾンビ・バナナケーキ
◯アップル・シナモンバターケーキ
◯ジンジャー・ブレッド

<生ベルガモット>
まだ少しベルガモットありますので、生アールグレイが楽しめます。

<葡萄パン+チーズトースト>

<ウェルシュ・レアビット>
実はきょう少しできる予定。
ギネスを少し入れてドロドロとあたためたチェダーチーズをのせたパンです。ギネスにも合う、パブメニューです(≧∇≦)

CTCの茶葉で濃いミルクティーを


きょうから3日間松本担当の英国的ティールームです。

ケーキのラインナップは
⚪︎アップルプディング
⚪︎ジンジャーブレッド(ケーキ)
⚪︎レモン・ドリズル

の3つです。

プディングはプリンのことではなく、英国ではデザートと同義語として使うので、プリンプリンしたものもガッツリしたものもプディングです。
同じようにケーキとは呼ばず「ブレッド」と呼ぶものもあります。
ジンジャーブレッド・・というとわたしもなんとなくパンぽい気分になっていたのですが、英国ではだいたいブレッドとつけますねえ。ローフ型に入れたもの、というのともどうも違うみたいです。
ケーキと呼ぶものもあるので、どこで分かれるのかはまた研究しておきますね。
今までジンジャーケーキと書いていたものもきょうからジンジャーブレッドにすることにしまーす。

TEA WITH MILK

濃いミルクティーが飲みたければ、茶葉が小さいCTCという種類のもので淹れた方が美味しいです。
茶葉を専用の機械で押しつぶし〜〜引きちぎり〜〜〜そして丸めて〜〜〜出来上がる製法のものです。細かいので強くて濃いお茶になります。ティーバッグに多いタイプで、蒸らし時間も短いです。

今喫茶室にあるのは、スリランカのキャンディとルフナとディンブラです。アッサムもあったっけ。大きなカップ&ソーサーでどうぞ〜


ティー・ラテはいかがでしょう


 「ティー・ラテ」なんて言葉はイタリアにも英国にも無いだろな〜さらに言えば、こうゆうメニューも無いんだよな〜

と悩みながらも、美味しければいろいろアリだよね、と結局「Tea Latte」という和製単語でメニューに加えることにしました。紅茶にふわふわのフォームドミルクを加えています。紅茶は色が薄いので、どうもコーヒーのようにアートははっきり出ないのですが、なんとなく「葡萄」にしてみました。

写真のはアッサムのラテ。チャイやディンブラ、ルフナもいいですね。

きょうは11時オープンです。

Tea with Milk

20171006.jpg


急に寒くなりましたね。
喫茶室でもそろそろ暖まるメニューをお出しする予定です。
定番ジンジャーケーキは生姜たっぷりで身体の中からポカポカ。紅茶はやはりwith Milkで!

ところで、ミルクティーもジンジャーケーキも英国ではほとんど使われない単語です。

ミルクティーは、英国ではTea with Milk と表現します。
ジンジャーケーキは、ジンジャーブレッド、と言うのがポピュラーです。表記には悩むところですが、今のところジャパニーズスタイルにしております。

今日6日は11時からオープンしております。
明日7日はギャラリーお休みに伴い喫茶室もお休みです。
8日日曜日は11時からオープンです。