霧雨ですね、Lemon Drizzle/レモンドリズルケーキ



今週は新しいケーキをお出ししています。レモン・ドリズルケーキも英国の定番ケーキです。初夏に食べたいところですが、爽やかな甘さが欲しい時には最高です。
DRIZZLEというのは「霧雨」という意味で、できたてのケーキにたくさんの穴をあけておいて、レモン汁と砂糖で作ったレモンシロップをザザ~~ッとかけるので、ケーキの中に霧雨のように爽やかなレモン風味が染み渡るのでございます。
 真っ白いレモンのアイシングを分厚く上に塗るタイプが普通かもしれませんが、実は今白い砂糖類がグラニュー糖以外ないため三温糖とグラニュー糖少しを混ぜたものをかけています。これはこれで溶けにくいグラニュー糖が羊羹の端っこみたいにザラッとしていて美味しいです~(自画自賛)

 きのうもお客様と英国菓子の無骨さについて話していたのですが、見た目の派手さはないけれど、お母さんが作った家庭の味、雰囲気があるのがいいところですよね~と頷きあいました。

 横にある砂時計BOXは先日の伊勢丹アートギャラリー「時を感じるアート展」に出品していたわたしの銅版画立体作品です。こちら側は5分計。裏をひっくり返すと3分計がはめ込まれています。今カウンターに置いてますので、ひっくり返してみてくださいね!

 この爽やかなケーキはどんな紅茶にも合うと思うのですが、今おすすめはスリランカの「キャンディ」をストレートで。茶葉のサイズが大きなタイプが入荷しています。砂糖も入ってないのに甘い香り!

霧雨くらいの雨降りの場合、わたしはロンドンっ子のように傘さしません。全然平気~~
スポンサーサイト

生ベルガモットでアールグレイ



生のベルガモットの実をようやくGETしました!大きさを比べるためにレモンも置いてみました。大きいですね〜〜

アール・グレイはベルガモットの香りをつけた「フレーバー・ティー」です。一口にアール・グレイといっても紅茶会社、お店によって全然味が違っているため、口に合ったり合わなかったり。本来はどんな感じなのかしら〜??と常々思っていました。
この大きなものは広島で品種改良されたものだそうです。また、小さいものもあるんですねえ。味が違うらしいので、いずれまた報告しますね。

IMG_8710.jpg

 切ってみると皮の下の白い部分がこんなに分厚い!!そして香りをつけるのは皮の部分だけで果肉はレモンほどのインパクトはないですねえ〜カクテルなんかに使うと良いかもしれません。ジンライム的に。

IMG_8713.jpg

これを櫛形に切ってレモンティーのようにすると良いようです。とてもまろやかなアール・グレイになり、美味しい!

今月来月は生ベルガモットのアール・グレイがありますので、ぜひお試しください!

 アール・グレイは英国の1830年〜1834年に首相だったグレイ伯爵にちなんでつけられた名前なのは有名ですね。ドラマ『女王ヴィクトリア』で知名度グッと上がったメルバーン卿(メル卿!)はグレイ伯爵に指名されて次代の首相になったのでした。

今週の予定です。
10月13日(金)
10月14日(土)
10月15日(日)
オープンしています。

来週の予定もアップ!
10月20日(金)
10月21日(土)
オープンです。


都合により
10月22日(日)はわたしはお休みいたします。
この日は平日担当のコーヒーが美味しいM氏がオープンしております。ケーキは扱っておりませんが、コーヒー美味しいので是非お寄りください。
紅茶はわたしがオリジナルでミックスしたティーバッグが用意されています。ポットでのサービスです。こちらもわたしの担当の日には出ないものなので、是非!