霧雨ですね、Lemon Drizzle/レモンドリズルケーキ



今週は新しいケーキをお出ししています。レモン・ドリズルケーキも英国の定番ケーキです。初夏に食べたいところですが、爽やかな甘さが欲しい時には最高です。
DRIZZLEというのは「霧雨」という意味で、できたてのケーキにたくさんの穴をあけておいて、レモン汁と砂糖で作ったレモンシロップをザザ~~ッとかけるので、ケーキの中に霧雨のように爽やかなレモン風味が染み渡るのでございます。
 真っ白いレモンのアイシングを分厚く上に塗るタイプが普通かもしれませんが、実は今白い砂糖類がグラニュー糖以外ないため三温糖とグラニュー糖少しを混ぜたものをかけています。これはこれで溶けにくいグラニュー糖が羊羹の端っこみたいにザラッとしていて美味しいです~(自画自賛)

 きのうもお客様と英国菓子の無骨さについて話していたのですが、見た目の派手さはないけれど、お母さんが作った家庭の味、雰囲気があるのがいいところですよね~と頷きあいました。

 横にある砂時計BOXは先日の伊勢丹アートギャラリー「時を感じるアート展」に出品していたわたしの銅版画立体作品です。こちら側は5分計。裏をひっくり返すと3分計がはめ込まれています。今カウンターに置いてますので、ひっくり返してみてくださいね!

 この爽やかなケーキはどんな紅茶にも合うと思うのですが、今おすすめはスリランカの「キャンディ」をストレートで。茶葉のサイズが大きなタイプが入荷しています。砂糖も入ってないのに甘い香り!

霧雨くらいの雨降りの場合、わたしはロンドンっ子のように傘さしません。全然平気~~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント